タレント・俳優・芸能人になりたい方必見!評判のいい養成所について費用相場を交えて比較ランキング形式で紹介します。

見た目だけじゃダメ!タレントに求められる必要な個性とは?

タレント養成所では、マルチなタレントとして活躍できるように、さまざまな知識や技術などを学ばせてくれるといいます。しかし、それだけでタレントになれるのでしょうか。見た目も大事なのに、見た目だけではダメだともいいます。必要なのは万人受けすることではなく、個性派であることだともいわれているのです。

見た目だけでは将来性が曖昧になりがち

東京にあるタレント養成所では、総合的に学べるタレントコースもあります。そこでならば、ドラマやバラエティー番組など、幅広いフィールドでの活躍を意識した演技であったり、ダンス、トーク力などのスキルを学ぶことができ、表現者としての基礎を固めることができるようです。

こうしたスキルをなぜ学ぶのかといえば、タレントになりたいのなら見た目だけで通用することが少ないから、というのが業界の暗黙のルールにあるようです。どうしたって仕事をもらうにしても飽きられてしまうことは死活問題、求められるのは万人受けより『個性』だともいわれています。

例えば、タレントでも子役ジャンルであれば、見た目が可愛いだけで通用するかもしれません。しかし、子役として仕事がもらえるのもほんの一時、後々、マルチタレントとして活躍するにしても、成長すれば見た目も変わりますから、個性がやはり必要になります。

もちろん、協調性や時間厳守など社会生活を送るのに大切なルールやマナーを学んでいるからこそ、個性も際立って見えるようです。自分は何がやりたいのか、その興味がタレントなのでしょう。俳優にもなれる顔立ち、見た目もおしゃれ、そうした人はザラにいます。タレントに求められるであろうことは、自分にしかできないこと、やれること、ここを追求しましょう。

アピールできる光るモノを考えてみよう

東京のほとんどのタレント養成所では、面接であったりオーディションを実施しているようですし、そのオーディションも間口が広く、モデルへの登竜門となるファッション誌とのコラボレーションしたオーディションや、デブタレントになれるオーディションなどまで開催されています。

例えば、モデルオーディションならば、美人であったり、可愛い顔立ち、そうした人が参加していますから、見た目だけではダメなのは理解できるでしょう。その似たり寄ったりのなかから、光るモノが必要になります。

それが『個性』です。才色兼備など、自分の強みを活かせるオーディションだったら挑戦もしやすいのではないでしょうか。モデルとしてランウェイを闊歩する日があるかもしれず、舞台などに慣れていることも強みでしょう。何かしら自分の特技をアピールしてみましょう。

もちろん『芸能にまじめ』それもれっきとした個性です。これだけは負けない、自分の長所・ウリ・スキルがあるはずで、もちろん、それらをタレント養成所でのばすことも可能ですし、第三者から指摘されて見つけることができるかもしれません。粘り強い、体力がある、独学で英語がペラペラ話せるなどもアピールできる内容でしょう。人とかぶらないこともポイントです。

生き残れるものとして技術力を求める

東京のタレント養成所では、見た目だけで通用しない厳しい業界であるがゆえ、厳しさも指導してくれます。

また『SSC+C』という養成方針を掲げているところもあります。そこでは、エンターテイメントに必須となる技術力を身につけさせてくれます。演技力のある俳優、面白味のあるコメディアン、才能のあるタレントが生き残れるため、そうした技術を磨けるようです。

さらに、世間を惹きつける、魅了できるキャラクターも作り上げてくれます。見た目だけではダメですが、魅せる力というのは必要なスキルになります。そして、マルチに活躍するにもコミュニケーションがとれるタレントでなければなりません。

これらを踏まえて、タレント養成所を選び、入所しましょう。芸能プロダクションとの契約が必須ですから、個性を直接会って判断してもらえる機会がある、そうしたタレント養成所を選んでおきましょう。外部の芸能プロダクションを招くデビューオーディションなるイベントを開催するところもあります。

太っているけれど、スポーツをしていたから俊敏に動けることも個性、デブタレントとしてグルメ番組に出演するだけでなく、俊敏さを活かしてスポーツ界でレポーターになれるかもしれません。この人を起用したい、そう思わせることがデビューできる可能性を高めさせてくれます。

 

見た目だけで通用するような甘い世界ではない、そうした芸能関係者の声も少なくありません。では他にタレントとしてやっていくためには何が必要なのかといえば、自分にしかないものです。

魅せることができるキャラクターならばまだしも、見た目だけでは飽きられてしまうこともあり、自分にしかないもの、自分だからできることをアピールしましょう。もちろん、タレント養成所ではそうした部分をのばすこともしてくれますから、入所しない手はないでしょう。

タレント養成所ランキング一覧はこちら

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://talentschool-hikaku.info/column/required-personality/

トップページへ戻る

サイト内検索
記事一覧