タレント・俳優・芸能人になりたい方必見!評判のいい養成所について費用相場を交えて比較ランキング形式で紹介します。

写真で差がつく!合格するオーディション写真の撮り方のコツ

オーディションはそれほど簡単ではなく倍率の高いところはかなりの競争が強いられます。オーディションに受かるための方法の1つが、プロフィールを掲載するフォトの内容と言われていますが、どのような撮影をしたらよいでしょうか。合格するための写真の撮り方のコツをいくつか見ていきます。

どれぐらいお金をかけたら良いのか

オーディションの写真撮影をする場合に1,000円程度のもので良いと考えている人もいます。確かによほど元からの素材が良ければそれでも問題はありませんが、ほとんどの人はそこまでの素材を持っていないため、写真にはしっかりとお金をかける必要があります。

証明写真を撮影してくれるところの中には30,000円程度のお金がかかるところもあるでしょう。当然それだけ価値があるわけですが、すべての人がそこまで金銭的に余裕があるわけではありません。そして、フォトだけで合格が決まるわけではないところを写真にそこまで力を入れる必要がないとも言えます。

ですが、ある程度写真で結果が左右されるとすれば、やはり1,000円程度のものを撮影するよりも5,000~10,000円位のお金をかけて撮影するのが良いでしょう。それぐらいの金額ならば、アルバイトをしている人でも何とかお金を貯めることができるはずです。撮影をしてくれるところの中でも、専門のお店を探してみましょう。

もし可能ならば、オーディションに合格するための写真撮影をしてくれるところもありますので、そこにお願いすると良いでしょう。近くにそのような専門店がない場合でも、就職をするときに履歴書に貼り付けるものを撮影してくれる専門のところもあります。そのようなところに行けば1,000円前後のお金を出して撮ったものに比べても随分と魅力的な内容になるはずです。

修正することが必要になるか知っておこう

最近のフォト撮影では、修正ができるようになっています。1,000円程度のものでは修正するのは難しいですが5,000円以上のお金をかければ修正する機能も付いています。どのような仕組みになっているかと言えば、まずカメラで顔を撮影していきます。

そして撮影したものをコンピューターの中に取り込み、そのコンピューターの中に入っている特殊な加工の技術を使うことで、修正をすることができる仕組みです。この点に関して、修正をするのは違反ではないかと思われるかもしれませんが、特に問題ないとされています。

よく就職活動に使うものでも、適度に修正しているためオーディションで使うものでも修正しても問題ないでしょう。少なくとも第一印象を良くするためには、修正をすることも大事ともいえます。

ただし、修正する場合に気をつけておきたいのは、あまりにもいじりすぎてしまい原型がなくなってしまうものです。修正も良いですが、修正しすぎてしまうとその人の印象が崩れてしまい悪い印象をもたれる可能性があります。美容整形などをしすぎて、顔が全く変わってしまった人のように、全く別人になってしまうのは良くありません。そのため、修正するにしても部分的におこない全体の修正等はやめましょう。

どの程度の修正なら許されるかと言えば、例えば写真を撮影するとき、ニキビができており赤く腫れていた場合、これを自然な形で修正することは特に問題ないでしょう。また、撮影の時髪の毛が跳ねていた場合、この部分だけ修正することも問題ありません。

服装に関しては、一見派手なもののほうがよさそうですが、実際にはあまり派手なものは避けた方が良いとされています。かといってそこまで地味である必要はありませんが、可能な限り柄のないものなどを選びましょう。

どのようなフォトが合格しやすいのか

フォト撮影をする場合には、合格しやすいものとそうでないものがあります。もともとの素材に関してはその日だけ変えることは難しいですが、服装や背景などを考えればより理想的な内容にすることも可能になります。

例えば、1つは背景になります。背景は、一見派手なものが良さそうですが実はシンプルで見やすいものが良いとされています。ただだからといって真っ黒にしてしまうと暗いイメージを与えてしまうでしょう。無難なのは、白や灰色などの色になります。

 

タレント養成所からオーディションを受ける場合には、プロフィールの写真が必要になります。合格するためには、写りが良いものを撮影しておきたいところです。費用は高ければ高いほど良いですが、妥当なところとして5,000~10,000円位でしっかりしたものが撮影できます。

写真の修正も可能になりますが、あまり下下の顔が違って見えてしまうほどの修正は避けた方が良いでしょう。服装に関しては、派手なものよりも柄が付いていないある程度地味なものの方がその人の素材がうまく出る分、印象が良いです。

タレント養成所ランキング一覧はこちら

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://talentschool-hikaku.info/column/photo/

トップページへ戻る

サイト内検索
記事一覧