タレント・俳優・芸能人になりたい方必見!評判のいい養成所について費用相場を交えて比較ランキング形式で紹介します。

タレントオーディションを受ける前に必要な心得とは?

俳優になるためには、タレント養成所などに所属することが必要になります。タレント養成所に所属した後、一定の期間を経るとオーディションを受けることができることがほとんどです。ただ、このオーディション自体は非常に難易度が高いところも多いでしょう。そこで、どのようにしたら合格するかを見ていきましょう。

事前の準備を怠らないようにすること

タレントになるためのオーディションに合格するための心得としては、まずプロフィールを充実させることです。受けるときにはプロフィールを提出することが必要になりますが、このプロフィール自体は自分で考えたものでなければいけません。養成所の方でも、合格者のプロフィールの見本等を教えてくれるでしょう。

しかしながら、見本と同じような内容にしたところで合格するわけではありません。やはり、合格する人が書いたプロフィールだからこそ合格したといえます。つまり、自分らしさが溢れるプロフィールにすることが必要になります。

そのために必要なことは、客観的に自分自身のことをよく理解することです。例えば、同じ俳優仲間からどのようなイメージがあるのか聞いてみると良いでしょう。自分はおとなしいイメージがあると認識していたのに、意外と物事をはっきり言うと周りの人が言っていたとしたら、主観と客観に食い違いが生じます。可能な限り、客観的にどのように思われているかを変わりの人に聞いて、それに合わせてプロフィール作りをすると良いです。

次に重要になることは、プロフィールに合わせた写真になります。写真は、その人の第一印象を相手に伝えるものになるでしょう。よく、就職活動で面接のときに証明写真を添付していますが、その写真の内容自体で合否が決まると言う噂もあります。

これはあながち嘘ではないでしょう。写真だけで結果を決めるわけではありませんが、最終的にあと1人採用するかどうかのときに写真判定で決まることも少なくありません。可能な限り自分の魅力を発揮した写真を掲載することが重要になります。

自己PRを充実させることも重要になる

オーディションを受けるときには、自己PRも重要になります。これは就職活動の面接や高校受験などでも経験したことがある人もいるでしょう。自己PRをどのように書いたら良いかわからない人も多いですが、これに関してはオーディションを主催する側の気持ちを考えることも重要になります。オーディション主催する側とは芸能事務所になります。

芸能事務所がわざわざたくさんの芸能人を抱えているのは、芸能人として売れてもらい、売り上げを伸ばすためでしょう。そのため、自分自身が芸能活動をするにあたり、どのような個性があるのかそして外と違ったものは何かを明確にしておく必要があります。

もし他の人と同じような個性しか持っていない場合には、厳しいと考えて良いです。そこで、自分自身で人よりも優れたところがないと感じる場合には、やはり周りの人に聞いてみると良いです。自分は他の人と違ってどのような特徴があるかを聞くことで、自分自身の個性を見つけ出すことが可能になります。

あとは、明確な動機があると良いでしょう。芸能活動するにあたり、明確な動機は必要になりますが、このときには、将来的なプランなども考えてそれを説明するようにしましょう。プランを考えていることにより、この人はしっかりと将来のことを計画していると評価され、合格に近づく可能性があります。

自分は絶対に受かると確信すること

オーディションを受けるときに必要な3つ目の心得は、絶対に自分は受かると確信することです。多くの人は、外との競争の中で自分が本当に受かるのだろうかと半信半疑かもしれません。人によっては、きっと不合格になるだろうとネガティブな考えを持っている人思います。

しかしながら、過去の合格証を見ていくと、やはり自分は合格すると確信していたと言う人ほど合格していることがわかります。もし、自分自身で自信を高めるのが難しければ、第三者に自信をつけてもらいましょう。家族から言われてもあまり信じがたいかもしれませんので、他人から自信をつけてもらう言葉を聞いた方が良いかもしれません。

 

これから芸能事務所のオーディション受ける場合には、少なくとも合格するための心得を考えておく必要があります。1つはプロフィールになります。これは写真を含めて充実したプロフィールを書くことが必要になるでしょう。プロフィールを書くときには、主観と客観がずれているといまひとつな内容になってしまう可能性があります。そこで、自分は結果的にどのような人物なのかを第三者に聞いてみると良いです。

2つ目に重要なのは、他にはない個性を持っていることです。もちろん全ての人が個性的とは限りませんが、自分にしかない個性をうまくオーディションで発揮することが必要になります。もしわからない場合は、自分自身のことをよく知っている人に自分の個性はどのようなものになるかを聞いてみましょう。最後に、絶対に受かると確信することが重要になります。

タレント養成所ランキング一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧